「樹上完熟 十郎梅干し 三年熟成」

展示・イベント

小田原でとれた「*樹上完熟」の十郎梅の中から
特に厳選された梅を使用して、
塩のみで丁寧に仕込み、
三年間熟成させた梅干しです。

優れた品質を表す「秀」を超えた、
「秀の中の秀」と称される
逸品です。

*樹の上でなったまま熟すのを待ち、
自然落下したものをすぐに収穫した完熟梅。

LOBBYの
梅干しができました。

梅の種類は小田原で見つかった
「十郎梅」という
小田原市の中でも、
限られた場所でだけ栽培できる
品種です。

今回、小田原の梅処
「曽我」の梅農家であり、
梅干し名人の
穂坂さんご夫婦がつくった
3年熟成の
「完熟十郎梅干し」を
分けていただきました。

「十郎梅」の特長は、
皮が薄く果肉が厚く、
クエン酸を多く含むこと。

穂坂さんご夫婦のつくる梅干しは
そんな十郎梅の特性をそのままに、
食べると薄皮が破れ、
実が口の中にじゅっとあふれだし、
昔ながらの梅干しの酸味が
優しくひろがります。

梅の木から熟して自然に落下した
「樹上完熟」の実だけを使用し、
塩のみで漬け込む。
シンプルなつくり方が生み出す
口の中に広がる梅の香りと、
深い味わい。

朝食のおともに、
だいじな人のおにぎりの中に、
そして、小田原のおみやげに、
どうぞ、お試しください。

昇さんと珠美さんの梅干し

一年間大切に育てて
一年に一度しか収穫出来ない梅の実
実ってくれた事に感謝して
毎日、少しづつですが、最後まで
収穫を続けます。
(珠美さんのブログ
梅花日記「7月4日(木)」より)

梅は、小田原の名産品の一つです。
特に曽我地域は梅栽培が盛んです。
そんな、曽我で夫婦二人三脚で
梅を育てている
穂坂昇さんと珠美さん。

おふたりとの出会いは、
穂坂さんの農園
「昇珠園」でとれた梅でつくった
梅干しのパンフレットや、
ロゴマークを
デザインこねこでおつくりしたことでした。

(デザインこねこ=LOBBYの運営会社)

梅栽培への深い造詣と、
愛情を感じるお二人の話に
引き込まれ、随分と
長居してしまったことを
覚えています。

そして、なによりお二人が作った
梅干しを食べ、 そのおいしさにおどろき、
以来お付き合いが続いています。

今回、LOBBYの
オリジナル商品第一弾として
選んだのがこの昇珠園さんの
「十郎梅」を漬けた
三年熟成の梅干しでした。

昇さんは朴訥とした雰囲気の、
梅栽培の名人。
珠美さんは明るくて、
ハキハキと質問にも応対をされ、
農作業を手伝いながら
梅干し以外にも
ジャムなどの商品をつくったり
パッケージを考えたりと大忙し。
そんな珠美さんが
頻繁に更新されているブログ
「梅花日記」には、
天候に影響を受ける
梅の成育に一喜一憂したり、

ブログ梅花日記「5月の嵐」より

梅園に遊びに来る
虫や、猫たちの写真や、

ブログ梅花日記「梅の種」より
ブログ梅花日記「梅雨明けはいつ?」より
ブログ梅花日記「春です。」より

うつくしい梅の花と、
雄大な富士山の風景、

ブログ梅花日記「幻想的な朝。」より

時にはスズメバチに刺される(!)
アクシデントもあったりと、

ブログ梅花日記「スズメバチに刺された!!」より

昇珠園の日常がイキイキと
描かれています。

今回は、そんな珠美さんの
ブログへも行ったり来たりしながら
お楽しみください。
みなさんにも、昇珠園さんをおとずれた気分を
すこしでも感じていただければ幸いです。

昇さんは、梅を育てる名人

梅の栽培には剪定が
とても重要なポイントなのですが
昇さんはどこを切れば
梅の実がたくさんなるようになるか
見ただけでわかるそうです。

来年、良い実を生らせる為の
一枝一枝の剪定作業は
どの枝を残しどの枝を切るか
見つめる眼差しは
真剣そのもの

この枝は実を生らす枝だから
残す・・・

良し!切るのはこの枝・・

そして、枯れ枝を切り落とす
作業も欠かせません。

樹と対話しながら
1日3~4本のペースで進めます。

ブログ梅花日記「11月1日(水)」より

樹上完熟

昇珠園さんでは、
じっくり樹上で完熟させて、
「ぽとり」と自然におちたものを
収穫します。

そのため、落下する梅の実を保護し、
作業をやりやすくするために、
なんとネットを梅林全体に敷き詰めるのです。

お天気下り坂かと思ったら
連日、気温も上がって
暑い位の日々が続いています。

梅の落ち方もようやく
例年並みに

拾った矢先から
ぽとり。ぽとり。

落ちたばかりの梅を拾うと
器量好しの可愛子ちゃんばかり

樹上完熟の自然落下
今日のうちに漬け込みます。

ブログ梅花日記「6月18日(火)」より


こうして収穫された「樹上完熟」の梅は
柔らかく、自然の甘味があります。

“美味しさは、素材から”
梅栽培の名人がこだわった、
至高の完熟梅です。

ひとつずつ手間暇かけて
包んでいます。

包装紙には、「樹上完熟」と、
LOBYYのロゴマークの判を押し、
水引紐でひとつずつ丁寧に巻いて
仕上げています。

お土産のほか、
大切な方の贈り物にも
どうぞご利用ください。

「樹上完熟 十郎梅干し 三年熟成」

2Lサイズ 4粒入り
540円
(税込・配送手数料別)
1〜3営業日以内出荷
※賞味期限が2020年8月のものをお届けします。

商品ページ

LOBBY ODAWARA MAP